暗渠型側溝バリアフリー側溝

ホーム>製品案内>暗渠型側溝バリアフリー側溝

バリアフリー側溝の特徴

CHARACTERISTIC

  • 一体成形による優れた施工性と安全性
  • 振動や衝撃が少ない無騒音の静粛性
  • 集水性能に優れ、高い排水能力を発揮する構造
  • 従来の暗渠型側溝と同じように維持管理も安全
  • 快適な道路環境を実現。排水性舗装にも対応可能です
  • マルチスリット側溝と併用することにより経済的な可変勾配を実現


可変勾配施工イメージ

バリアフリー側溝
スリットタイプ

SLIT TYPE

スリットタイプ


  • SA-1
    段差を設けないで、集水能力が必要な時に最適です。

  • SA-1(切欠き)
    段差を設けないで、集水能力が必要な時に最適です。境界ブロックの後付け施工がしやすく切り欠けを設けたタイプです。

  • SA-2
    段差を設けないで、集水能力が必要な時に最適です。

  • SA-2(切欠き)
    段差を設けないで、集水能力が必要な時に最適です。境界ブロックの後付け施工がしやすく切り欠けを設けたタイプです。

  • SA-4H1(H-50)
    歩道側を高くし、インターロッキングや植樹スペースを設置する時に最適です。道路側からの雨水を歩道側に排水させたくないないような場所に最適です。

  • SA-4H2(H-100)
    歩道側を高くし、インターロッキングや植樹スペースを設置する時に最適です。道路側からの雨水を歩道側に排水させたくないないような場所に最適です。

  • SA-4N(H-20)
    歩道側を高くし、インターロッキングや植樹スペースを設置する時に最適です。SA-4H1、SA-4H2を使用した時に乗り入れをする場所で設置します。

  • L型街渠Ⅱ型 Aタイプ
    幅員がとれない場所で、境界ブロックを設置する時に最適です。セミフラットにしたい時に使用できます。

  • L型街渠Ⅱ型 フラット
    L型街渠Ⅱ型(A)を使用した時にフラットな出入り口を設ける場合で、設置個所が決まっている場合に使用できます。

バリアフリー側溝
グレーチングタイプ・横断・暗渠

GRATING TYPE

グレーチングタイプ


  • SB-1
    段差を設けないで、集水能力が必要な時に最適です。

  • SB-1(切欠き)
    段差を設けないで、集水能力が必要な時に最適です。境界ブロックの後付け施工がしやすく切り欠けを設けたタイプです。

  • SB-4H1
    歩道側を高くし、インターロッキングや植樹スペースを設置する時に最適です。道路側からの雨水を歩道側に排水させたくないないような場所に最適です。

  • SB-4H2
    歩道側を高くし、インターロッキングや植樹スペースを設置する時に最適です。道路側からの雨水を歩道側に排水させたくないないような場所に最適です。

  • SB-4N
    歩道側を高くし、インターロッキングや植樹スペースを設置する時に最適です。SB-4H1、SB-4H2を使用した時に乗り入れをする場所で設置します。

  • SB-1F
    カラー舗装やインターロッキングなどの景観に馴染ませたい時に最適です。アングルの高さ調整がH-50~H-150まで可能です。

  • L型街渠Ⅱ型 Bタイプ
    幅員がとれない場所で、境界ブロックを設置する時に最適です。セミフラットにしたい時に使用できます。

  • L型街渠Ⅱ型 フラット
    L型街渠Ⅱ型(B)を使用した時にフラットな出入り口を設ける場合で、設置個所が決まっている場合に使用できます。

  • 横断Ⅰ型
    横断や暗渠側溝として使用する際に天端から集水を行ないたい時に使用できます。
ネオアースコン(溶融スラグ) のご案内
ENGENERRING EXHIBITION EE東北
NETIS登録製品のご案内