小段排水用プレキャストシール板

ホーム>製品案内>小段排水用プレキャストシール板

プレキャストシール板の特徴

CHARACTERISTIC

プレキャストシール板とは

道路の法面に設置する小段排水溝の周囲を雨水や湧水から保護するために、従来は現場打ちコンクリートにて対応していましたが、養生期間の関係上、工期が長く必要となっていました。しかし、この度プレキャスト化にすることにより大幅な工期短縮が可能になりました。

プレキャストシール板

特徴

  • プレキャスト化により現場での打設・養生が不要になり、工期を大幅に短縮できる。
  • 一定間隔で伸縮目地を設けることができ、乾燥収縮などによるひび割れの発生を抑制できる。
  • 工場製品のため品質が安定しており冬季使用の際の凍結融解に対する抵抗性が向上。
  • 小段排水溝の両サイドに対応(W700・W430)。
  • ボルトで製品間を連結することにより、製品間の目地詰めが不要。

製品形状

PRODUCT SHAPE

ネオアースコン(溶融スラグ) のご案内
ENGENERRING EXHIBITION EE東北
NETIS登録製品のご案内