株式会社丸万コンクリート

株式会社丸万コンクリート

    • 日本産業規格認証取得工場
    • 日本下水道協会製造認定工場
    • 山形県リサイクル製品認定
  • お問い合せ
  • 0233-22-6822

施工事例 - 導水溝付組立縁石フレキシブロック

フレキシブロックの施工現場が完了しました。

山形県最上総合支庁発注の交通安全道路(交付金)(主)舟形大蔵線歩道設置(舟形工区)にてご採用頂きました弊社製品「導水溝付組立縁石 フレキシブロック」の施工布設が完了しました。
昨年までの施工箇所はエブロン付境界ブロックにて施工をしておりましたが、どうしてもエプロン部が張り出し白線を引くとエプロン部と舗装部の間が狭く、またエプロン部の勾配は6%、舗装部の勾配は2%と勾配変わりが発生し、自転車走行車にとってはストレスを感じるものでした。自転車通行帯を広く取り自転車走行者と並走して走る車の運転手にも優しいフレキシブロック。
最近「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」の改定に伴い、お問い合わせも非常に増えてきております。

フレキシブロックが山形県最上総合支庁発注工事にて採用になりました。

導水溝付組立縁石フレキシブロックが山形県最上総合支庁発注の交通安全道路(交付金)(主)舟形大蔵線歩道設置(舟形工区)にて採用になりました。発注当初はエプロン付境界ブロックでの発注でしたが、自転車通行帯を広く確保したいという発注者側の意向で入札後にコンサルタント様とも協議をし、設計変更にて採用頂きました。
まだ本体部のみで縁石部を設置していませんが、取り急ぎご報告致します。